スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やりがい の理解

おひさしぶりです。ハイムです。
なかなか記事が書けませんでした。
どうしても 内発的動機 とでもいうのでしょうか?
あと一歩がでませんでした。

研修会は実行委員をやらせていただき 今年の研修会の方向性について
実行委員会内で話し合いました。

「実は 作り手側だけの満足に終わっていないか?」

ここは 今回私は、研修会直前まで、とても気になっていたところでした。
でも、各PJはこういう機会がないとここまで考えないだろうし
今思えば よかったのかなと・・・(まあ いろいろ意見はあると思いますが)
又 チャンスがあれば参画したいなと思います。

さて、タイトルのやりがいの理解ですが
やりがいってなんでしょうね・・・?
研修会のグループワークでもでましたね。
皆さん やりがいをかんじたり 協力してくれて嬉しかったり と
話を聴いていて、自分のことよりも
 「メンバーが助けてくれて嬉しかった」
 「声をかけてくれるのが嬉しい」 など自分でなく周囲の気配りや変化を見ていることに
みんなすごいんだなー 僕はまだまだだなーと反省しきりでした。

そんな私は、いままで何十台と機械を出荷してきたけれど
やりがいって ほとんど無かったんです
でも 今年になって やりがい を感じることが出来ました(遅いぞ こら)
なんでしょうね・・・自分の中ででた答えというか単語は
「自分の存在意義と行動が 他者に認められること」でしょうか
以前 教えていただいた 「仕事が人を選ぶ」の意味が少し理解できました。

カチカチな話ですみません。
今度は もうすこし砕けた記事を書きます



人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント

今日は、ルーカスです。

いつもお世話になっております。

記事を参考にさせていただきました。

応援ペコッ

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。