スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生産現場で感じること(右腕に対する定義とは・・・)

お久しぶりです。
ハイムです。

3月の1ヶ月間、お客様の工場にお伺いして
機械3台の立ち上げをしてきました。
今回は、まじめに感じたことを書きたいと思います。

今回、納入した機械は昨年初旬にとても苦労した機械でした。
なかなか機械も立ち上がらず、天竜メンバーも多数お客様の所にお邪魔して
機械をたちあげていました。
その方達のおかげで、今回納入する機械で全部で9台となりました。

本アイテムは、オーダーが抱えきれないほどあるようで
機械が少しでもストップしたものなら一大事。
とにかく生産・生産です。
いままで、当社は機械を制作して仕様を満足すれば天竜精機としての機械立ち上げが終了して
お客様にお渡ししています。
現在も、その形に変わりはありません。

しかし、生産現場で1ヶ月いると様々な要因で生産が停止したり
お客様が困っている場面に遭遇します。

1、突発的な機械トラブル
24時間365日フル生産の機械です。1年間稼働しています。
いろいろ、ガタもでてきます。
それをメンテナンスするのが、生産技術者であったりするのですが生産技術者も
様々な機械を担当していたりしてレスポンスよく対応できないのが現状でした。
結局、だましながら機械を稼働させるので 短期的には動くのですが
ある日突然 動かなくなります。そこから機械を修正するのは結構大変で1時間機械停止も
仕方なくなります。なんとか稼働させるようにするのですが根本まで直せないパターンがあるので
爆弾を抱えたままでの生産となっています。

2、部材によるトラブル
最終行程の自動組み立て機は、様々なパーツを組み合わせてそれを仕様を満足する品質で
生産しなくてはなりません。
しかし、その様々なパーツも常に一定の品質で自動機に投入されるわけではありません。
でも、オーダーがあるので生産しないといけません。
そこには、「だめなパーツを直せばいいじゃないか』などの普通に思えばだれでも感じることも
通用しない状況が発生することもあります。
オーダーがある以上はなんとかして 生産量を確保しなければならない現実です。

3、多品種少量?生産の大変さ。
今回の機械は、微妙に製品の仕様が違うのが約4種類あります。
それを、日々のオーダーを監視しながら混入しないように生産しています。  
特定の1品種だけの生産ならば、機械調整も簡単なのでしょうが
微妙に違うので、個々で機械調整をしなければならない状況でした。
結局、いままでのバランスを崩すので多少稼働率は低下します。

ちょっと、ここにはまだまだ書ききれないのですが
生産の大変さを痛感した1ヶ月でした。

そこで、当社の考える 右腕 とはなんだろう というとこに行きます。
生産準備のパートナー(生産はお客様の土俵) として考えるとすれば
ひょっとしたら、パートナーにはなれないんじゃないかって・・・

結局、自動機を通じてお客様は、製品を生産して利潤をえたいと思います。
そのためには、機械が稼働するのは当たり前のことですが

安定した品質で、安定生産できるまでサポートする・・・

機械を通じてお客様が天竜精機に求めるものを最低でも応えることが必要かなと。
それが基本で、期待を越える何か?を提供できた時には右腕と言える資格がやっとでてくるのかなって。

お客様が求めることは様々ですが、安定生産にこぎ着けるまでは
サポートするって必要なんじゃないかなって感じた出張でした。

また、出張中に同業他社の方とお話する機会がありました。
いろいろな思い・目標・悩みがあることを双方で認識できました。
今度、現場レベルで話す機会を作るように、現在その方と計画中です。
同業他社 いわゆるライバルメーカーとでもいうのでしょうか?

でも、わたしはそんなこと考えずに オープンにして
学ぶべきことは素直に学んでお互いに成長できるような関係になりたいと思っています。
一応、相手の方もそのような考えでいてくれているので
6月頃に一度そのような場を開催しようと二人で話しています。

これを機に、自動機業界をリードするような2社になりたいですね と話してきました。
いろいろ感じた出張ですが、これを実行に移すようにしていこうかなと思います。


スポンサーサイト

コメント

No title

長期間の海外出張、お疲れ様でした!

なかなか実際の生産現場を長い時間見る機会が無いので、すごく貴重な体験をされてきたんですね。

生産”準備”と考えるとそこまでどっぷりと入る事は必要ないかと思うのですが、
実際の生産現場を見るとそうも言えない気持ちになりそうです。

どんな材料が来ても、安定生産できる手離れの良い機械を目指すってところなのでしょうか。

No title

出張お疲れ様です。
さすがにいろいろ感じ、得て一時帰国されますね!!
他社との交流も素敵です。

すごく深い話ですよね。外と中、掛かる費用、工数、色々な側面から見て行く必要がありますね。
改めてお話聞かせてください。

No title

BIG BONEさん
どんな材料が来ても、安定生産できる手離れの良い機械を目指す

そう、それそれ。しっくりきました。その表現。
実現できれば、双方にとってプラスですね。

まーさん
どこまで入り込むかなどは、費用、工数などいろいろ問題はあります。
BIG  BONEさんの表現が実現できればよいですが
そうもできないお客様の場合は、ケースバイケースとして
必要なのかもしれません。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。