スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作業報告と会社の方向の気づき

こんにちは ハイムです。

先日、今年の上半期の海外出張での
作業報告と右腕企業に対する考えを発表しました。

今年の出張の内容は
①通常の新規機械の納入・セットアップ
②機械が起因してのトラブル対処
③現地での、追加工事にたいするメーカーサポート
④完成品(製品)の品質不具合調査
が主な内容です。

通常は、① ② がメインで行っています。
しかし、お客様の状況なども変化していて
それ以外のことも要請が多くなっていて
頻繁に海外出張となりました。

現地工場にいくと、私は必ず壁の掲示版を積極的に見ます。
なぜなら、その会社の方針であり状況がわかるからです。

まず、現地では 改善 が非常に活発に進んでいること目につきます。
特に、5S 生産を向上 不良率を下げる・・・
などが主な改善内容です。
いままでは、改善はあまり活発でなかったような気がしています。
最近になってこのように活発になってきた背景としては

効率よく作業を進めるため
厳しい顧客要求にもスマートに応えることができるシステムつくり
自社の利益確保の為 
など、さまざまだと思います。

次に生産状況のボードを見ます。
どのようなトラブルで停止しているのか?
それが、設備に起因するものなのか? オペレータ? 部材?
いろいろありますが、お客様の困っていることを
当社として解決できるヒントがそこにはあるからです。

次にキーマンとなる人に、現在の状況と今後の展開などを
出来る限り引き出そうと 話をします。

その中で、感じたことは

生産工場側としては
・必要なときに必要な数量生産できないと困る(当たり前ですが)
・ヒューマンエラーの少ない機械
・そして、利益が出る機械(トラブル少ない 高稼働率 安定品質)
が求められています。

生産技術側としては、
・機械立ち上げから、順調に生産できるまでのサポート
・機械だけではなく、その製品を熟知し時にはお客様と一緒に品質向上に向けた
ディスカッションが出来る能力
・急な仕様変更などにも柔軟に対応できる力

などいろいろあると感じてきました。

その中で、特に必要と感じることもありました。
それを、これからの活動に繋げて行きたいと思います。

ひょっとしたら、社内で反発が起きても
それを押しのけて進んでいくパワーが今 一番必要なのかもしれません。
なので、もう少ししたら
いろいろな情勢を踏まえて 自分なりの今後の仕事の進め方
会社の強くしたいところを発表したいかなと思っています。

出張に行くメンバーも、ただ機械を立ち上げるだけでなく
せっかく、お客様の工場に入れるのですから
いろいろな情報 状況を貪欲の自分から取りにいくと
新たな気づきがありますので、是非やってみてください。


スポンサーサイト

コメント

No title

発表、とても分かりやすかったです。
今度資料ください。

>社内で反発が起きても

どんな事かすごく気になりますが、ハイムさんのそういった姿勢は
すごくうらやましいです。

一緒に頑張りましょう!

No title

発表よかったですよ。
社内ばかりにいると外部の環境変化に直面することが少ないので
貴重な意見が聞けたと思います。
内向きの安定状態に満足してしまっている人が自分も含めて多いと思います。
海外を含めた社外だったり他社(コンペチ)を知ることで
当社の異常だったり、違和感をどんどん発信していけたらいいです。
勿論当社の良さもですが。

これからもどんどん電気に対する要求受け付けますから言ってちょーだい。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。